最近見た映画の事をちょこっと

雑記
09 /18 2017
Twitterでやろうと考えてたんだけど、長くなったのでこっちに。
他にも見てるんだけど、とりあえずこの2作にしました。

prisma_01_cs1w1_400x.jpg

「劇場版Fate/kaleid liner プリズマ イリヤ」

もはやかなり多くなってきたFateシリーズのスピンオフシリーズ。
Staynightの登場人物イリヤを中心に独自ストーリーを軸に話を進んでいくのですが、
今回の劇場版では本作のメインオリジナルキャラである美遊と
原作の主人公の衛宮士郎を中心としたお話であるためイリヤの登場時間は1分もない感じにですw
そのため作風もいつもの明るくコミカルな感じではなくいつものFateのノリに近い
ダウナー気味なファンタジーです。

新規の方やStaynight等見てた人向けにも割りと色々な事を丁寧に説明されますが、
原作がまだ現在進行形の漫画作品であるためにエミヤ関連の事だったり、
エインズワース家の一部の登場人物の紹介がほぼほぼない感じに。
ここらへん私もプリヤ未視聴だったので、
一緒に観に行ったプリヤ知ってる友人に色々教えてもらいました。
色々と聞いてみるとまああえて説明しなかったのかな?とも思いました。
漫画だと既に説明済みだったりする部分もあって結果的に二度目の説明になってしまいますし。
ここらへんはTVアニメから映画化の微妙に歯切れの悪い流れの影響だったするのかな?
そこら辺劇場版SAOはうまくオリジナルにして交わしてのかなっと思います。

まあ悪い事ばかりではなく原作だと2コマだと扱われてた
戦闘シーンもアニメ化にともなって迫力のあるものに
生まれ変わってたり。往年のFateファンへのサービスもあったり。
FGOを触れてるとどこか忘れてつつある日常と聖杯戦争の混同、
そして聖杯に対して持つそれぞれの願い、
思いが交錯する懐かしいFateに再び会えてよかったです。
秋には桜ちゃん大勝利な映画もあるんでそっちも期待しております。

Wonder-Woman-2017-Poster-wonder-woman-2017-39987704-337-500.jpg

「ワンダーウーマン」

「バットマン」、「スーパーマン」に並ぶDCコミックビッグ3の1人。
社会から隔離された秘境の島から第2次大戦中のイギリスに向かい、
社会を知りながらも自分に与えられた使命を真っ当しようとする強い戦士を描いたお話。
日本ではプロモーションとかで女性色を強く押してたのですが、言うほど女性的な色は
なかったなーっと思いましたね。日本のプロモーションはいつも適当だなw

戦争とヒーロー誕生というと近年ではマーベルの「キャプテン・アメリカ」シリーズの1作目で
既にナチスとドンパチやってるので微妙にネタ被りな部分があるとは思うのですが、
世間知らずのアマゾネスが社会に溶け込んでいく過程など差別もしっかりされており、
個人的には「キャプテン・アメリカ」1作目よりすっきりした内容で見やすいとは思います。
ここらへんは実際に戦時中戦意高揚のために一応は存在していたキャップと
空想の人物であるダイアナの明確な差なのかなっとも思ったり。

あとはこの手のヒーロー映画の中でもアクションは上位。
ダイアナの剣術アクションも動きのキレとか凄くし
VFXを使ったド迫力アクションももちろん凄い。
「バットマンVSスーパーマン」の時も流れた例のBGMもいい所で流れて高揚感はMAX。
(正直バットマンVSスーパーマンの時にはBGMと共に出てくる
ダイアナのぶっ飛びっぷりに笑ったけどw)
なんせ画像のように腕をクロスするだけで大体の敵を倒すんだから、
ダイアナさんマジパネェわ。
また味方の普通の人間サイドの話とかもあり、超人だけじゃないリアルな考え方や視点であり
ダイアナの特別感などがより深く浮き彫りになっていたなっとも思ったり。

ヒーロー誕生ストーリーがどマーベルに比べちゃうとどこか煮えきらなかった
DCの映画シリーズだけど、これはかなりハイクオリティな作品だと思いました。
こちらも秋にはDCのアベンジャーズこと「ジャスティスリーグ」が控えてますので、
そちらにも期待しつつ待っております。これ見てない人は急いで見とけ!

それでは。
スポンサーサイト

天空の花嫁

コラ画像(R15~18)
09 /15 2017

続きを読む

1000万円分の虚ろ目

コラ画像(R15~18)
09 /02 2017

続きを読む

TURN

色々やってます。