FC2ブログ

Summer Pockets 感想

TURN

46vQkuL-728x417.jpg

ネタバレ的なのは控えた感想です。
でも過去作(Rewrite)のネタバレをしているんで注意
全てのルートをクリアした感想はkeyらしさとはなにか?
と考えさせられる作品でした。

大型オリジナル作品としては前作にあたる「Rewrite」という作品があるんですが、
この作品もkeyらしい泣き要素が組み込まれておりましたが、
なんというか普段のkeyらしからぬノリだったと思います。
地球を守るためにバケモノと戦ったり、
組織間闘争みたいなのに巻き込まれたりなど
面白いかったとは思うんですけど、ブランドのイメージが強すぎて
コレジャナイ感がどうしても出ていたと思います。
ライターもいつもの人とは違う人でしたし。

今回の「SummerPockets」はそこらへんがクドイくらいそれっぽくなっております。
舞台は夏の孤島だったり主人公が挫折からやり残した事をやるみたいな事を目標にしてたり
他にも沢山の要素があって、まるで2000年代初頭くらいの
key作品をやってるみたいで個人的には楽しかったのです。

ただその頃のkeyよりも最近のkeyのが好きだなって思う人は
どうなんだろうなって面もあったりします。
少しネタバレをするなら主人公の親友ポジである男キャラが2人出るんですが、
笑いの部分では活躍するんですが、シリアスな部分での活躍が割と
少なくてちょっと勿体無く感じてしまいました。
ここ最近のkeyは特に男キャラの扱いが良く
ヒロイン級の人気を得てましたが、それらと比較するとどうしても
キャラとして弱いかなぁって思う部分もあります。

あとボリュームなんですけど、「Rewrite」よりかは薄めで結構サクサク勧めます。
ここらへんは例年のkey作品をやっている人的には
どう取られるか分かれると思いますが、
購入層も高齢化してますし何より個人的には「Rewrite」はなげぇーなwとか
思いながらやってたのを思い出したのでこれくらいのボリューム感で
いいと個人的には思います。

細かい部分まで言及するとそれはそれで個人差もあると思うので
今回はここくらいまで。
新規向けと言われれば微妙ですが、
既存ファンや往年のファンは間違えなく喜ぶと思う1作だと思います。
スポンサーサイト
Posted byTURN

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply