FC2ブログ

冬アニメ適当感想

ぼちぼち進んでるので言いたい事だけいいます。
・艦隊これくしょん~艦これ~

何者入りでアニメ化したDMMのブラウザゲーム。戦艦を擬人化した艦娘と呼ばれる者たちが織りなすお話。
二次創作の影響からかあまり暗いイメージがない艦これですが、
元のゲームもよく分からない敵勢力と戦ってる時点で相当ブラックと言うか暗い背景のお話ですよね。
ともあれ鎮守府という狭い世界で艦娘たちがキャハウフしつつ、
戦争の恐ろしさも伝えてる感情豊かアニメになってます。
個人的にはもともとフワフワとした設定を更に微妙に膨らませた感じなので、
「えっ?こんなんだったんだ…」という事の連続。
でも元々期待してなかったと言うか「どうゆう風にアニメ化するんだ?これ?」状態だったんで、
そんなにがっかりはしてなかったり。これはこうゆう物なんだろうなーっという感じです。
でも素直に悪いと思った部分もあってキャラの設定を変に守ろうとして
ゲームのセリフが脈絡なく飛んでるのが少し微妙な所。ハラショー言い過ぎですよ響さん。
あ、提督の姿を出さない都合上長門と陸奥が凄く頑張ってます。流石ビック7だな!

・アイドルマスターシンデレラガールズ

アイドルマスターシリーズ2度目(申し訳ないがロボットはNG)のアニメ化。
今回は本家である765プロダクションとはあまり関係ない人たちのお話。
ただまあキャラが変わろうと基本的にはトップアイドルを目指すというのが
アイドルマスターシリーズの目標であるので、ガンダムで言う所のMSVのようなお話を見てる感じです。
原作もソーシャルゲームなのでキャラクター性はあるんですが、
お話はなかったようなものなので新規でもすんなり見られると思います。

・幸福グラフティ

化物語やまどか☆マギカのシャフトが作る最強の飯テロアニメ。
訳あって食に対しての何かを失った主人公が
友達と共に食の素晴らしさ暖かさを再認識するお話。
シャフトという事で特殊な演出で敬遠する人も少なくはないでしょうが、
今回は割りと普通のアニメな感じでやっています。むしろ堅実に硬い感じで作られていて
ゆったりとそれこそご飯でも食べながら見られるくらいの作品です。
ジブリと萌えアニメも混ぜた感じの作品がしますね。

・冴えない彼女の育てた方

WHITE ALBUM2などのシナリオライター丸戸史明が原作のライトノベル。
ある意味一番年代相応の感じのアニメですね。凄く記号的と言うかテンプレ感が一番強い作品です。
こうゆう作品は凄く好きになるかとことん目の敵にするまで嫌いになるか二極化な感じがしますね。
ノイタミナの過去の作風とは少し方向性の違う作品だとは思うので、
過去のノイタミナ作品が好きだったという人には微妙な感じの作品になってしまうかも知れません。

・蒼穹のファフナー EXODUS

聖戦士ショウコだとかマークデスティニーとかはなかった世界線のファフナーの続編。
TV版の前作からは相当離れてるので、
まず映像の綺麗さに驚きつつ随所随所のファフナーさに懐かしさを覚えました。
逆に言えば完全に初見の事を考えてないつくりなので前のTV版を見るんでもスパロボやるでも何でもいいので、
ファフナーの知識が欲しい所です。

以上。見ているのは何だかんだこの5本くらいですかね。
ミルキィホームズとかもちょろっと見てるんですが、まああれは色々語るのは野暮なんでw
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment